計画的読書法

計画的読書法その1
「分野を設定する」
これは読書をする前に行いましょう。

なぜなら、分野を設定せずに読んでいたら何を意識して読むんでしょう。
多読しても速読しても目的に沿った吸収率を高めることが重要です。
計画的読書法その2
「選んだ本の段階を決める」
本の分野を選ぶと、ある程度の本の候補が出てくると思います。
しかし、そこでやみくもに読んでしまったら、時間が無駄にかかるだけです。
そこで、選んだ本に役割を与えましょう。

それは、その分野の全体を俯瞰することを目的に読みますか?
それは、入門書として読みますか?
それは、一部の声として読みますか?
計画的読書法その3
「読む!読む!読む!」
あとは読むだけです。
しかし、先ほどの手順を守っているならば、その分野を学ぶためにどの

順序で読めばよいか明らかになっているはずです。

同じ分野で同じ段階の本を読むことによって、内容の重複や拡がりを
感じることができると思います。

それはつまり、重要なエッセンスであったり、些事であったり、
著者の主観的な見解であるということがわかり、
その分野の理解が十分に得られていることと同義です。
この計画的読書法が皆さんの興味を深い知識とすることをお祈りします。

コメントを残す




*